元気のないブログ

いろいろあって元気のないゲイのブログ

2021年10月16日(土)

病院までの道すがら、このブログの過去記事を読み直してみたら、意外とおもしろくてビックリ。ただ日常的な出来事を綴っているだけだけど、わりと読める。ただ一点、テンションの浮き沈みの激しさだけは気になったよ。我ながらちょっと不安になるレベル。口語調で書いてると、テンションの状態がもろに表れるのかもしんない。

 

なんで病院へ行ったかというと、9月末くらいから喉を締められているような苦しさがずっと続いていて、こないだ内科で診てもらったけど異常はないとのことだったので、精神科へ行ってみることにしたっていう経緯。ちな精神科は5月に行ったきりだったから、約半年ぶり。この間、抗不安薬を飲まずに頑張ってきたんだなあ、さすがに疲れたよなあってしみじみする。

 

あ、先に書いておくけれど、今回は(特に)「自分に優しく」モードで書いていくんでよろしく〜。「なんだコイツ、自惚れすぎじゃない? そんな姿勢じゃこの競争社会では生き残れないぜ?」とか思った方がいたら、いますぐブラウザのタブを削除して、ついでに履歴からも削除しておいて。バイバーイ!

 

ということで、もう誰も読んでないかもしれないけど、話の続きを書きますよ。

 

病院の先生と話したら、やっぱりストレスのせいで、首周りの筋肉が緊張して強張って、首を絞められているような苦しさを感じてるのかもしれないって。あ〜なるほどね、なんか説明してもらうと、そういうことかもしんないって思う(単純)。分かってはいたんだけれど、やっぱストレスかって思うと、ドッと疲れが出てきた。身体全体が重くなった気がした。

 

「もうちょっと頑張ろう」「ここまでは耐えよう」と思っていたけれど、もう無理かもしんない。本格的に身体っつーかメンタルが崩れちゃう前に、たっぷり休息がほしい。てか、何のために、誰のために頑張ろうと/耐えようとしてたんだ? って考えてみると、だいぶ謎なわけ。やっぱ自分が最優先じゃない? なんで余裕無いくせに、他人や他人の目を気にしちゃうんだろう。

 

そんな感じで処方箋もらって、会社には午後から出社しますって言ってたから、マズいカツ丼を2分で完食して出社。上層部に理解してもらえない仕事を淡々とこなしました。そしたらさ、今日はこれを書きたかったんだけど、ある上司から「◯◯さん、大丈夫?」って聞かれたの。えっっっ、そんな質問する?! みんながいる前で?!! さすがにデリカシー無さすぎない????!!!!!!ってビビった。

 

だってさ、病院行ってる時点で大丈夫ではないじゃん。でもまあそこまでヤバいわけではないから出社してるんじゃん。そんで、会社で、同僚たちが周りにいる前でそんな質問されて、「大丈夫なわけねえだろタコ」なんて言えるわけないじゃん。にこやかに「ああ、大丈夫ですよ。ご心配おかけしてすみません」って言うのが社会人として正しいとか言うんでしょ。はあ。

 

っていうところまで考えは及んだんだけど、つい口が滑って「いや、大丈夫ではないですよ」って言っちゃった。そしたら「え、ダメじゃん」「どういう症状ですか?」とかずかずかと聞いてこられたから、「あ、じゃあ大丈夫です」とか意味のわかんない受け答えしちゃった。マジ失言すぎて草。こっちの受け答えも余裕なさすぎてヤバいけどさ、上司のデリカシーの無さもヤバい・オブ・ヤバいだから、もしその上司がこのブログ読んでたら反省してよね。

 

大丈夫じゃなさそうなひとに「大丈夫?」って聞くの、まあ気持ちはわかるけど、やめといたほうがよくない? 大丈夫じゃなさそうなひとにそんな質問して、また気を遣わせるなんてひどいじゃん。せめて1対1になったタイミングで聞くとかさ、「体調悪いようだったら早めに帰っていいからね」って声掛けするとかさ、なんかほかにもやり方はいろいろあるわけで。

 

もちろん友達とか心を許してるような関係性ではいいんだろうけどさ、一般的に言って、ね。

 

ドラマ「カルテット」のから揚げにレモン論争じゃないけど、「レモンかけますか?」って聞かれたら「あ、はい」って防戦一方になるのと同じように、「大丈夫?」って聞かれたら「あ、はい」って言うしかないみたいなさ。いや、ぼくはそこでカウンター決めてしまって後悔したんだけど、普通は「あ、はい」って言うしかないわけで。うん、やっぱり鈍感にはなりたくないな。

2021年10月15日(金)

いちおうアパレル業界でせっせと賃金労働してるんすけど、こないだ中学か高校の制服のデザインの話を他社から持ち掛けられたらしくて、担当した社員が「いまはLGBTへの配慮っていうことで、ブレザーの発注が多いらしいです」って言ってた。なんか知らんすけど、LGBT=性別無くしてほしいひとたちっていう雑な理解、広まりすぎじゃない? 「え、待って。それガラケーのカメラで撮った?」ってくらい解像度低いけど、大丈夫?

 

もちろん性別無くしてほしいひともいる。全然いる。「性別はあってもいいけど、なんで2種類しかないわけ?」っていうひともいる。「性別はあってもいいけど、出生時の性別での振る舞いや生活を要求されるのが嫌すぎる」っていうひともいる。「自分は女性しか/男性しか恋愛対象にならないよ!」っていうひともいる。「性別に関わらずひとを好きになるよ!」っていうひともいる。

 

要するに、LGBTと一言でいっても、性別という文化・制度との親和性というかしっくり度みたいなのがバラバラで、がっつりその制度を利用したいっていうひともいれば、制度を相対化して考えているひともいるし、制度の存在自体がマジ無理っていうひともいるみたい。性別という文化・制度が全然しっくりこないと、そのひとの人生やウェルビーイングみたいなのにめちゃ影響するのは大きな問題だよね。

 

それをさ、10万画素くらいのカメラでパシャッと撮って、現像した写真見ながら「あ、LGBT? 性別無くしてほしい感じすか? あ、はいはい、ブレザーにしとけばいいんでしょ」みたいな一律の対応されがちな感じがマジうざい。学ランかセーラー服かブレザーか、しっくりくるほうを選んでどうぞ、じゃダメなの? コスト的に難しいって感じのアレすか? それとも個々の生徒に対応する手間が取れない、対応したことによる責任を取りたくないから、もういっそ選択肢無くしちゃえ!的な感じすか? へ、へえ〜(震え声)。

 

Twitterにも書いたけど、こないだもドラクエウォークっていうゲームのアプリやってたら、いつの間にか性別欄(男/女)がタイプ(1/2)って表記に変わっていて、探してみたけど公式のアナウンスは何もなくて、プレイヤー間で「LGBTへの配慮?マジだりー」みたいなやりとりがなされていて、激萎え。勝手によくわかんない対応されて、その対応の責任を「LGBTとかいう権利を声高に主張するめんどくさいやつ」に擦りつける(運営がちゃんと公式にアナウンスしないからだぞ)。

 

朝から怒りで血圧上がりまくりよ。ちなわたくしはゲイで、松田龍平オーランド・ブルームみたいな男性が好きな男性で、性別という文化・制度を(たま〜に)撹乱したくなってウズウズしちゃうマンです。コーヒーはブラック派です。ナイストゥーミーチュー。

2021年10月11日(月)

高校生の頃から付き合いのある友達が、LINEで仕事の愚痴を言ってきた。こっちもこっちで大変なので、お互いの近況報告みたいに愚痴を言い合ってたら、その友達が「この社会では図太くないと生きていけない」と送ってきた。「そうかもね。でも鈍感にだけはなりたくない」と返事したら、「わかる。ほんとは図太くなんてなりたくないよ」と。そんな2021年10月。てか、あれ? 10月? わたくしまだ毎日半袖着てますけど。暑くね???

 

最近読んでいる本のひとつが、アルテイシアフェミニズムに出会って長生きしたくなった。』。この本を読んでいて思い出したことがある。子どもの頃、といっても中学生か高校生くらいの頃だけれど、実家近くの公園でいとこたちと遊んでいたら、幼稚園のときの同級生と7年ぶりくらいに再会した。お互いに「ああ、なんとなく覚えてるけど……」みたいな感じ。

 

そんで、みんなで野球やろうよって話になって遊んでいたんだけど、ぼくはその幼稚園時代の同級生ともっと仲良くなりたいなあと思うようになって、あろうことかカンチョーをしてしまった。そして、普段はカンチョーなんてしないのに、慣れないことをしてしまったせいか、思いのほか指が奥深くまで突き刺さってしまい、その幼稚園時代の同級生は悲鳴をあげてその場に蹲り、悶絶しだした。

 

同意なく相手の性器に指を突き刺すなんて、いまのぼくだったらそれが性的暴行だと思えるし、絶対やらないし、身近な子どもがカンチョーして遊んでいたら絶対止めるけれど、当時はそんな風には認識できていなかった。冗談でカンチョーして、「わはは、やめろよ」とか言って、バカだなあと思ってもらえて、距離が縮むんじゃないかなどとひどい勘違いをしていた。マジでアホすぎるし、性に関する権利意識が低すぎた。

 

結局、その同級生とはそれ以来会っていない。もしまた会うことがあったら、なにがなんでも謝罪しようと思っている。本当に反省している。

 

あれから10年くらいが経って、ひととの距離の詰め方も少しは学んだと思うし、何よりフェミニズムジェンダースタディーズなどと出会って、勉強して、性に関する権利意識を多少はアップデートできたことは本当に良かったと思っている(もちろんまだまだ勉強は必要だけれど)。

 

カンチョーなんていう性的暴行をしなくても友達はできるし、セクハラになるような話題や表現を避けたとしても、いくらでも話す話題はあるし、表現は多様で豊潤だ。また、距離が詰められそうにないのであれば、無理に話したり相手の気を引くような過激なことをしたりしなくてもいいのだということもようやく分かってきた。

 

図太くあれ、鈍感になれ、弱さを見せるなと脅してくる男社会の被害者は、女性だけでもなければ、男性だけでもない。被害者の声に耳を傾け、敵を見据え、そして自分の加害性とも向き合っていく。しんどい作業に見えるけれど、意外とそうでもないかもしれないと最近は思う。共感し、弱音を吐き合える仲間が少しずつできていくだろうから。

2021年10月9日(土)

今日はサボリーノの朝パックを切らしているので、ソシャゲのレベル上げしながらブログ書きます。ちなドラクエウォークっていうソシャゲやってる。ウォークっつってんのに、自宅でブログ書きながらレベル上げって。まあいいか。尾田栄一郎先生も自宅でポケモンGOやってるらしいじゃん。

 

まだ記憶に新しいけど、何年か前のM-1っていうお笑いの大会でミルクボーイって芸人が優勝したっけ。そのときのネタで、「コーンフレークは意識がぼうっとしている朝の時間帯やから食べられるんや」って言って笑いを取ってたけど、このブログも同様だと思った。

 

いつもだいたい朝起きてすぐ、午前6時台に執筆してて、そのときはノリノリで「今日も筆が乗るぜー!!!」って叫びながら書いてるんだけど、こないだ会社の昼休みに読み直したら背筋が凍った。マジで。「え、なにこの口語調? しかも内容なさすぎじゃない? ふざけてんの?」と。

 

ただでさえ黒歴史まみれで苦しい思いをしてんのに、わざわざ率先して生き恥さらす必要なくない? と思って、その場でブログ閉鎖を決意しました。しかし、昼休み中にその作業を完遂できず、このブログの息の根を止め損ないました。そして今日もまたブログ書いてます。生き恥さらしてます。俺たちの冒険はこれからだ!

 

……と、こういう風に自省的になっているのは、鬱の兆候だと思われます。前にもブログに書いたかもしれないですけど。ウルトラマンだったら胸のカラータイマーがピコンピコン鳴ってます。相変わらず喉も苦しいし。

 

気持ちが落ち込んで苦しんでいる自分と、それを俯瞰で見ている自分。このブログは、一種の認知行動療法なのかもしれません。一般的には紙のノートで、非公開の形式でやる認知行動療法を、特別にブログという形で公開しているだけなので、それを読んで「口語調が不自然でキモい」とか「内容なさすぎてしんどい」とか言わないでくださいね。よろしこ!

 

さて、ちょっと文字数が余ったので、今週の出来事を書いて終わりにします。

 

今週は、新型コロナウィルスのワクチン(2回目)を打ってきました。発熱やからだの怠さはあったけれど、思ってたほどではなかったかな。打った翌日の夜にはピンピンしてた。

 

そんで仕事復帰して、賃金労働に耐えてきました。WEBの仕事ってことで採用されてんのに、一日中PCの前に座って仕事してたら、WEBのことをよく分かってない上司や社長から「何の業務やってるのか分からない。ずっと同じことやってるようにしか見えない。やる気が見られない」とか言われてんのウケる。わはははは。

2021年10月6日(水)

こないだ彼氏とハイボールを飲みながらお喋りしていたら、自己投資がどうだとかいう話になったの。会話の内容はさっぱり覚えてないけれど、なんかめちゃくちゃ笑った気がする。で、それ以来、食事中に「◯◯(彼氏の名前)、自己投資して!」とぼくが言うと、彼氏がなんか食べるっていう流れができた。飲みコール的な?

 

自己投資といえば、「20代のうちは惜しみなく自己投資に時間とお金を使え」みたいなことを誰かが言っていたような記憶があるんですけど、いまのぼく、何点くらいすか? ちな勉強は大嫌いで、人文科学系の本とエッセイ、あとたまに小説を読むだけ。半年前に買った英語のテキストは、積ん読の一番下にある。それから毎月の病院通いがやめられなくて、だいぶ経済的に圧迫されている。

 

分かりやすい自己投資といえば、ここ数ヶ月、スキンケア頑張っていることくらいかなあ。肌の治安を守るためにあれこれ塗り塗りしています。あんまり塗りすぎるのも良くないっていうけれどね。でも何も塗らないと乾いてカピカピになっちゃうし、保湿だけは何がなんでもやらないとって感じ。お風呂入るの苦手なんだけど、お風呂のあとの保湿タイムのために、なんとかシャワー浴びてるみたいなところある。

 

大学生のときはさ、バイトを一切せずに、友達と勉強会やったりシンポジウムやったりいろんなひとの講演会に参加させてもらったりと、自己投資っぽいことしまくってた。当時は自己投資なんて思っていなくて、ただそれをやりたかったし、自分がやらなきゃとも思ってた。いま思うと、あれが自己投資になってたなって思えるって話ね。

 

ごめん、自己投資の話、これくらいで終わりにしていい? 頑張っていろいろ考えながら書いてたけど、もうこれ以上書くことないわ。すずめの涙ほどの自己肯定感でなんとか食い繋いでる人間に、自己投資の話で1本ブログ書くなんて無理だったのよ。まじごめん。次からは思いつきで書くんじゃなくて、ちゃんと話題選んで書くようにする。

 

さて、そんなこんなで10月です。今年も残り3ヶ月切ったんだって。1年の始まりに「今年の目標は?」とか聞かれると、「え、今年1年の目標? スケールでかすぎない?」と思っちゃうんですが、残り3ヶ月と言われると、いくつか思い当たりますね。今年残り3ヶ月の目標、そのうちブログに書きたいです。

 

いろいろありますが、なんとか無事、年末を迎えて、彼氏が作る年越しそばを食べたい。

2021年10月4日(月)

次の予定までに時間があったので、雑貨屋のほうの「ロフト」のコスメコーナーをぶらぶら見ていたら、なんか店員さんっぽい方から声をかけられた。「気になる商品があればお声がけください」。あっはいとか言ってテキトーにあしらったけれど、ロフトの店員さんってこういう接客対応とかしてくれたっけ? っつーか、いま声をかけてきたひと、ロフトの黄色い制服着てないじゃん。じゃあこのひと誰よ?

 

ひとりだったらその場を去っていたかもしれないけれど、そのときは彼氏も一緒にいたので、引き続きBBクリームやオーデコロンのテスターを使ってふたりで遊んでた。そしたら、さっき声をかけてきたひとがまた懲りずに声をかけてきた。和牛のコントじゃないけれど、「気になる商品が”あれば”お声がけください」って言っておきながら自分から声をかけてくるってなんなのよ。

 

そんで、「こうなったらこいつが一体誰なのか確かめてやる」っていう好奇心なのかなんなのかよくわかんないモチベーションが湧いてきて、あとメンズコスメについて誰かと話してみたいっていう気持ちもちょっとあったので、いろいろ話してみた。そしたらそのひとは、ロフトのコスメコーナーに商品を置いている会社の社員らしくて、営業に来ているとのこと。メンズコスメに詳しいから、ついでにほかの商品についても紹介したり話してもいいって言われてるとか。なんか名刺までもらっちゃった。

 

結局、ロフトでは何も買わなくて、予定だけ済ませてササッと帰宅しました。お昼寝して、彼氏とスマホアプリの「ポケモンユナイト」をちょっとやって、アイロンかけながらNetflixで「セックス・エデュケーション」シーズン3見て、夕飯は焼きそばを作って食べて、シャワー浴びて寝た。休日もっといっぱいほしい。1ヶ月くらい長期休みもらったら、積ん読ぜんぶ消化して、イラストの練習して、友達と遊んで、あと残りずっと寝ていられるのに。

 

そんな感じです。ちょっともう書くことなくなっちゃったのでここでやめるわ。今週もなんとかサバイブしていきましょう。なんかひとつでも楽しみ見つけて暮らしていきましょう。資本主義はくたばれ。

2021年10月3日(日)

よっしゃー!日曜日である。ニチアサがぼくらを待っている。作品の出来や相性があるので、常にマックス楽しんで見ているわけではなくて、惰性で見ているだけのときもあるのだが、いまは「仮面ライダーバイス」も「機界戦隊ゼンカイジャー」もめちゃくちゃ楽しいので、毎週日曜日がハッピー!いえい。

 

どうでもいい情報ブチ込むけど、ある友達が、歌を歌いながら自転車漕いでるひとがいると、「いえい」って合いの手を入れてあげてるって言ってたな。公共圏ってマジおもしれー。

 

さて、今週の出来事いくね。先週末くらいからかな、なんか首が苦しいなあって感じるようになって。「最近太ったから、気道が圧迫されてる?」とか考えてたんだけど、今週に入ってからいよいよ苦しくなってきて。例えるなら、首を締められてるのが日中ずっと続いているような感じ。喋りづらいし、呼吸もしづらい。マジでキッツい。

 

「もしかして、喉頭癌的なやつか?ポリープ系?」と冷や汗かいて、ちょっと様子見てたんだけど、寝起きと寝る前はそんなに苦しくなくて、主に日中、もっと言えば会社にいるときが特にキツいの。あ、これストレス的なやつかもしんない、と思って、内科と精神科両方行ってみたほうがいいかもと判断。精神科は予約がいるからまだ行ってないけど、内科は昨日行ってきた。

 


そんで、なんかよくわかんない呼気の成分を測るとかって器具(昔のひとがタバコを吸うときに使ってたパイプみたいな形状のやつ)で検査したり、レントゲン撮ったりしたけど、やっぱ問題はないみたいで。とりあえず喘息持ちなんで喉に炎症起きてるかもしれないからって、吸入器をもらって帰った。診察と薬代合わせて5,000円超えたのホントキッツい。

 

先生にさ、「職場がちょっと大変で、ストレスが原因ってことはありませんかね?」と質問してみたら、「そう、しんどいの。楽になる薬ほしい?」とニンマリ顔。こえー。こいつがマッドドクターってやつか。「うつ病になってから治療するよりも、うつ病になる前から薬飲んだりするほうが楽だよ」とか言われたけど、いやぼくもう2年前くらいからうつ病なんで。もう手遅れっす。

 

ぼく、ひとよりメンテナンスがけっこう必要みたいで、ちょっと美容にお金かけてるひとが美容院やエステに通うくらいの感覚で病院通ってるかもしんない。病院通いって、体力的にも時間的にも経済的にもだいぶ圧迫されるので大変。はやく健康になりてー。はやく人間になりてー。